Asahi Kasei DX

旭化成デジタル共創本部の公式noteです。旭化成のデジタル技術への取り組みの紹介や、D…

Asahi Kasei DX

旭化成デジタル共創本部の公式noteです。旭化成のデジタル技術への取り組みの紹介や、DX関連のニュース、弊社講演会などのイベントや出稿のお知らせを発信していきます。

ウィジェット

マガジン

  • イベント・講演情報

    旭化成のDXに関連するイベントや講演会のお知らせ記事です。

  • AsahiKasei DX Visionムービーの裏側

    AsahiKasei DX Visionムービーの制作の裏側を取材しました!

  • あのひとの チョットだけDX

    個人のそれぞれの小さなDXを、それぞれの視点でご紹介するというマニアックな企画としてお楽しみください。

  • なるほどDX!!

    トラちゃんが、初心者の方にもわかりやすくDX(デジタルトランスフォーメーション)を解説します。

  • 温故創DX

    「温故創DX」では、連綿と続く伝統文化の担い手と技術の最先端に立つ人々との対話から、旭化成グループが目指す"DXを用いた新たな価値の創造"について考えます。社長の工藤さんと取締役兼専務執行役員の久世さんが能楽の人間国宝・梅若実桜雪さんと鼎談(ていだん)を行いました。

リンク

イベント・講演情報

旭化成のDXに関連するイベントや講演会のお知らせ記事です。

くわしく見る
  • 17本

2023年度 「DX戦略説明会」開催

2023年度「DX戦略説明会」が12月7日に開催されました。 本説明会では、旭化成株式会社 取締役兼専務執行役員 デジタル共創本部長である久世和資が、「デジタル人材の強化とビジネス変革」というタイトルで、旭化成グループにおけるDX推進の現在地と将来についてお伝えしました。 2023年度「DX戦略説明会」を開催 | 2023年度 | ニュース | 旭化成株式会社 (asahi-kasei.com) ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 1

スキ
13

<再配信のお知らせ>改めて考えるDXの定義とデジタル人材育成の視点旭化成×ロート製薬 特別対談(JBpress主催 DX人材フォーラム) 

DX推進に取り組めば、取り組むほど課題となる「DX人材の育成」。 2023年12月4日に開催された JBpress主催「DX人材フォーラム」の中で、DXを推進する「旭化成」と「ロート製薬」2つの企業が “DX人材育成” をテーマに対談を行いました。 それぞれの人材育成に対する実際の取り組みから見えてきた 業種の違う2社の共通点とは・・・! 多くの方のアンコールにお応えして、今回、再配信が決定いたしました。 見逃した方はもちろん、もう一度見たい!という方も 是非、この機会

スキ
10

【アフターレポート】 IPA デジタル人材育成情報共有会~デジタル人材育成・デジタルスキル標準活用のヒントがここに~IPA主催

2023年1月26日(金)オンラインにて、デジタル人材育成情報共有会(IPA主催)が行われました。 本情報共有会は二部構成となっており、 第一部では旭化成株式会社、味の素株式会社、資生堂インタラクティブビューティー株式会社、の3社がデジタル人材育成についてのそれぞれの取り組みを紹介。 第二部ではこの3社に、セミナー参加者が直接DX人材育成の悩みを相談。 DX人材育成という課題を多くの方と共有し気づきを得る、学びの場となりました。 ―――――――――――――――――――――

スキ
14

第2回『石油・化学産業向けDXサミット』に旭化成 デジタル共創本部 インフォマティクス推進センター長 青柳岳司が登壇

研究開発フェーズにおける「開発期間の短縮化・効率化」、製造プロセスにおける「生産最適化」「安全安定操作業」「設備保全」など、石油・化学産業は今、様々な場面でDXへの取り組みを求められています。 『石油・化学産業向けDXサミット』は、各社のDXの活用・推進の最新事例や人財活用における取組み、先進素材の研究開発におけるデジタル活用事例等を皆様と共有し、石油・化学産業の今と、そして未来について考えるイベントです。 「全員参加×現場主義×共創」をキーワードにDXに取り組む旭化成から

スキ
11

AsahiKasei DX Visionムービーの裏側

AsahiKasei DX Visionムービーの制作の裏側を取材しました!

くわしく見る
  • 6本

「AsahiKasei DX Vision ムービー」制作の裏側~番外編~

旭化成と言えば、ジップロック?ヘーベルハウス?? いえいえ、勿論それだけではありません 旭化成と言えば…そう、 柔道部!陸上部!です。 旭化成VISIONムービー制作の裏側~番外編~として 旭化成、柔道部のあの選手、陸上部のこの選手に ムービーを見た感想とメッセージをいただいてきてしまいました…! 選手の皆様、快くインタビューを受けていただき 本当にありがとうございます。 内容は、旭化成DX 公式YouTubeのショートで公開中です。 是非、ご覧ください。↓ ーーーーー

スキ
10

「Asahi kasei  DX Visionムービー」制作の裏側の、さらに裏側②~体温を上げ、エモーショナルなものに~

映像・言葉・音ア:旭化成さんは多様性~みたいなことはマストだと思ったので、世界も描きつつ、日本も描く、ということでいろんな国だったりを感じられるように動画は作りしましたね。住宅は日本にしました(笑)住宅事業もありますし。 村:そうですね。私もグループ会社さんの”事業と“言葉”を合わせていくところは丁寧にやりました。ただテキストを読んでいく、いわゆるステイトメントとして載せるだけだとつまらなくなってしまうので少しだけエモーショナルな感じで強めていくようにしました。今回はそんな

スキ
10

「Asahi kasei  DX Visionムービー」制作の裏側の、さらに裏側①~旭化成はどんな会社?~

旭化成内でDXビジョンを共有するために作られたAsahiKasei DX Visionムービー。心に響くそのメッセージ、そして映像は、いかにして作られたのか。 動画を制作してくださった日宣さんから、コピーライターの村田さんと、映像ディレクターのアキさんにお話を伺いました。 ▼Asahi Kasei DX Visionムービーはコチラ 1 未来の起点篇 2 道なき世界篇 ――――――――――――――――――――――――――― ●クリエイティブディレクター/コピーラ

スキ
20

「Asahi Kasei DX Visionムービー」制作の裏側③ ~見てもらうまでが動画制作!~

若手や中堅に響くものと、上司に響くものは違う奈:アンケート結果見ても本当に、みんなにしっかり響いている感じがわかるから、いいものできましたよね。僕はムービーの出来については超満足で本当に自信作なんですよ。今でも時々見て、自分を奮い立たせるときありますからね 佐:僕も英語版が思いのほか好きで結構見ますよ(笑) 前:いいですよね。僕、実はラグビーのシーンの前のサラリーマン?がPCの前で悩んでシーン好きなんですよ(笑)ちょっと自分たちと重なりませんか? 北:はい、リアルですよ

スキ
12

あのひとの チョットだけDX

個人のそれぞれの小さなDXを、それぞれの視点でご紹介するというマニアックな企画としてお楽しみください。

くわしく見る
  • 7本

あのひとのチョットだけDX -佐藤さんの場合-

「バスの時間を気にしなくて良くなりましたよね。時間に縛られないで自分のタイミングで自由に動けるのは凄く良いです!」 AJS株式会社でマーケティング業務に従事する佐藤さんは、電動キックボード/電動アシスト付き自転車のシェアリングサービスLUUPのヘビーユーザーです。 -------------------------------------------------------------------------------------※本記事に登場するアプリや製品、その使用方法

スキ
10

あのひとのチョットだけDX ー三宅さんの場合ー

「僕はもともと片付けが好きなんですよ、あと面倒くさがりなんで (笑)。」 旭化成アドバンス デジタルマーケティンググループの三宅さんは、Amazon Alexa(アレクサ)をホームオートメーションシステムとして使用し、テレビやエアコン、掃除機に至るまであらゆる機器を声だけで操作できるようにしています。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー※本記事に登場するアプリや製品、その使用方法や意見は極めて個人的なものであり、旭化成として特に推奨していると

スキ
14

あのひとのチョットだけDX ー佐仲さんの場合ー

「走った日はビールもご飯もおいしいですよ。逆に走らない日は夜ビール飲むときに“良いのかな?”って思っちゃったりして・・・(笑)」 旭化成デジタル共創本部の佐仲さんは、左手の赤いスポーツウォッチGARMIN ForeAthleteに目をやりながら話します。 ―――――――――――――――――――――――――――――――――― ※本記事に登場するアプリや製品、その使用方法や意見は極めて個人的なものであり、旭化成として特に推奨しているというものではありません。個人のそれぞれの小さ

スキ
62

あのひとのチョットだけDX ー豊島さんの場合ー

「名刺って、なんか…勿体なくないですか?」 旭化成エレクトロニクス M&Sセンター デジタルマーケティング部の豊島さんは、以前から、従来の名刺文化に疑問を持っていたと言います。 ―――――――――――――――――――――――――――――――――― ※本記事に登場するアプリや製品、その使用方法や意見は極めて個人的なものであり、旭化成として特に推奨しているというものではありません。個人のそれぞれの小さなDXを、それぞれの視点でご紹介するというマニアックな企画としてお楽しみくださ

スキ
22

なるほどDX!!

トラちゃんが、初心者の方にもわかりやすくDX(デジタルトランスフォーメーション)を解説します。

くわしく見る
  • 14本

なるほどDX!!⑪-2 ~ちょうどいい "GOKINJO" 付き合いをサポート!〈後編〉~

こんにちは!デジタル共創本部のトラちゃんです! 前回は「人と人とのちょうど良いつながりを作る」アプリ GOKINJO(ゴキンジョ)をご紹介しましたが 今回は思い切って、そのGOKINJO(株式会社コネプラ)の根本さんにお話し聞きに来ちゃいました!(人見知り<好奇心!) ※以下、根本さん=根 /トラちゃん=ト ト:根本さん!初めましてトラちゃんです! 今日はGOKINJOについていろいろ伺いに来ました!そして、今ご近所付き合い皆無のトラちゃんは、根本さんご近所づきあいの

スキ
25

なるほどDX!!⑪-1 ~ちょうどいい "GOKINJO" 付き合いをサポート!〈前編〉~

こんにちは。 デジタル共創本部のトラちゃんです。 皆さん、ご近所付き合いってありますか? トラちゃんは・・・ 皆無です!(意外と) 別に嫌なわけではないのです!! でも 知り合うタイミングもないですし 付き合いが無いなら無いで、そこまで困ることもないし… て、ずっと思っていたんですよね でもこの前、夜、トラちゃんのマンションが停電したんですよ。 最初はブレーカーが落ちただけかと思ったんですがどうやら違うようで…。 玄関の扉を開けて顔を出すと 見事に、真っ暗。でも隣のマン

スキ
17

なるほどDX!!⑩-2 ~IPLで新しい景色を見よう<後編>~

こんにちは!デジタル共創本部のトラちゃんです! 前回はIPL(IPランドスケープ)という、とってもHOTなDXについて トラちゃんなりに勉強してお伝えしました。 が、なんと旭化成にはIPLに詳しい、というかIPL第一人者が居る!!という事で もう直接、オンラインでお話きいちゃいましたよ!! ※以下、中村さん=中/トラちゃん=ト ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ト:中村さんはじめまして!!トラちゃんです。 知財ってトラちゃんにとって

スキ
27

なるほどDX!!⑩-1 ~IPLで新しい景色を見よう<前編>~

こんにちは。 デジタル共創本部のトラちゃんです!! 皆さん、今話題の「 IPL 」って知っていますか? そう。 お肌をきれいにする光治療・・・ ・・・じゃなく!! Intellectual Property Landscape =「IPランドスケープ」のほうです!! あー!そっちねハイハイ。 と思った方は結構、意識高めです!(美容に関しても) このIPランドスケープが今、なかなかHOTなDXだと聞いたのですが、 トラちゃんはお察しの通り・・・知りませんでした。 ので!

スキ
11

温故創DX

「温故創DX」では、連綿と続く伝統文化の担い手と技術の最先端に立つ人々との対話から、旭化成グループが目指す"DXを用いた新たな価値の創造"について考えます。社長の工藤さんと取締役兼専務執行役員の久世さんが能楽の人間国宝・梅若実桜雪さんと鼎談(ていだん)を行いました。

くわしく見る
  • 2本

【温故創DX】俳人の高橋睦郎さん、AI研究者の川村秀憲さんと旭化成 専務執行役員 久世和資の鼎談記事・動画が公開されました

2022年12月27日、CoCo-CAFE(旭化成・田町オフィス)にて旭化成 取締役兼専務執行役員の久世和資が「温故創DX 古きをたずねてDXを創る」というテーマで俳人・文化功労者の高橋睦郎さん、AI研究者で俳句を生成するAI(AI一茶くん)の開発者である川村秀憲さんと鼎談(ていだん)を行いました。 「温故創DX」では、連綿と続く伝統文化の担い手と技術の最先端に立つ人々との対話から、旭化成グループが目指す"DXを用いた新たな価値の創造"について考えます。 「温故創DX」俳

スキ
13

【温故創DX】人間国宝・梅若実桜雪さんと旭化成 代表取締役社長 工藤幸四郎、専務執行役員 久世和資の鼎談記事・動画が公開されました

2022年11月11日、梅若能楽学院会館(東京都・中野区)にて、旭化成 代表取締役社長兼社長執行役員 工藤幸四郎と取締役兼専務執行役員(デジタルトランスフォーメーション(DX)統括) 久世和資が「温故創DX 古きをたずねてDXを創る」というテーマで、能楽の人間国宝・梅若実桜雪さんと鼎談を行いました。 「温故創DX」では、連綿と続く伝統文化の担い手と技術の最先端に立つ人々との対話から、旭化成グループが目指す“DXを用いた新たな価値の創造”について考えます。 【鼎談テーマ】

スキ
18