見出し画像

「旭化成 DX Visionムービー総選挙」開催から見えた、それぞれの小さなトランスフォーメーション

2023年3月~4月末の約2か月間、旭化成デジタル共創本部では、社内に向けて“旭化成DX Visionムービー総選挙”を開催しました。
 
“旭化成DX Visionムービー総選挙”は旭化成の目指す「DXのイメージ」をよりクリアに従業員の皆様と共有するため制作した動画、DX Visionムービー第1弾「未来の起点」篇第2弾「道なき世界」篇のどちらが人気か?を決める社内初の人気投票企画です。

Asahi Kasei DX Vision Movie 総選挙ポスター

DX Visionムービー第1弾「未来の起点」篇は、旭化成の目指すDXのイメージを。
続くDX Visionムービー第2弾「道なき世界」篇では、旭化成中期経営計画の“Be a Trailblazer”というメッセージに加え、旭化成の持つ3領域(マテリアル・住宅・ファーマ)に携わる一人一人が“先駆者”として胸を張り自分らしくその一歩を踏み出してほしいという想いを。それぞれテーマを持ってデジタル共創本部で制作しています。


出来上がったDX Visionムービーをより多くの方に見ていただくため開催した、今回の総選挙。投票期間中は「未来の起点」篇、「道なき世界」篇と両者、熾烈な争いを繰り広げるも最後は500票の差をつけて第2弾「道なき世界」篇が人気ムービーに選ばれました。北は北海道~南は鹿児島県、そして海外の拠点からも投票をいただき投票総数は2,131票動画再生回数は1万回越えと多くの方々とDX Visionを共有することが出来ました。
ムービーを見たその感想から、多くの方がしっかりとイメージやメッセージを受け取ってくれたこともわかりました。

DX Visionムービー第1弾「未来の起点」篇 感想(抜粋)

自然・デジタル・人が共存している雰囲気が良かった。自然の景色が美しく、環境問題に取り組む姿勢とその結果である未来が伝わると思った。
・「世界が手にしている時間は少ない」というワードにはっとさせられた。
旭化成が起点となり、他社ともつながりを持ちながら、少ない時間の中で世界を良くしていこうという意思も感じられた。

DX Visionムービー第2弾「道なき世界」篇 感想(抜粋)

挫折を繰り返しながら一歩ずつ前へ進むのが自分自身の励みにもなります。とても身近に感じて応援してくれているようです。旭化成の色んな人が頑張ってるのだから自分もこの一員であることが誇らしく思い、頑張りたい気持ちになります。
Trailblazerの言葉とこのワードに込めている意味がビジュアルとして非常に分かりやすく表現されています。
旭化成にいるみんなが目指していることが何か、どれだけ難しいことにチャレンジしているか、そのチャレンジの先に何があるのかを考えさせました。壁にぶつかっても、迷っても、失敗しても良いという応援のようにも感じました。勇気づけられた動画です。
 

得票数と感想から見るそれぞれのムービーの印象

 旭化成のDXに決まったやり方や型はありません。
だからこそ、同じイメージを持ち、同じ方向を向いて進んでいくということは難しく、また同時にとても重要であると考えています。
 
DX Visionムービー、そして今回の総選挙が
1人1人にとって、DXを更に意識する小さな“トランスフォーメーション”に繋がっていればと思います。

これからも旭化成のDXは少しづつ、
そしてダイナミックに加速していきます。
 

Asahi Kasei DX Visionムービー

第1弾「未来の起点」篇 ※2024年7月末で一般公開を終了しました。

 第2弾「道なき世界」篇 

関連リンク
Asahi Kasei DX チャンネル - YouTube
旭化成株式会社デジタルトランスフォーメーションサイト
旭化成株式会社
旭化成 DXエンジニア キャリア採用 特設サイト


この記事が参加している募集

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!